たまにはふたりで①。

2017/07/14


 先週の土日は野球ざんまいでしたね。お腹いっぱいです。みなさん疲れは残していませんか。どちらもお疲れさまです。
 土曜日は、道東ブロック予選1回戦で、相手は惜敗の中湧別さん。
借りのある相手、なぁんて偉そうなこと言いまいたが・・・?

 まずは、ちびっ子たちの成長を確認。
 自分の子どもの成長は、「なんでこんなことできねーんだ!」なんて、焦ったりしたけれど冷静にチビ軍団をみていると、毎週会うたびにそれぞれ成長していますね。
 少しびっくりしています。
IMG_1861.jpg

 顔にボール当たっても泣かないもんね。
IMG_1883.jpg

 えー表情。うなる右腕。
IMG_1881.jpg

 でへっ。
IMG_1858.jpg

 試合中、外野のキャッチボールパートナー。
 もうバシバシ行けますケン。
IMG_1855.jpg

 黒いぞ!イッサ!
IMG_1851.jpg

 かけっくら。いい顔してるわ。
IMG_1838.jpg

 やたら辛そうなやつがおるでよ。
IMG_1829.jpg

 管理人とシンさんはスコアボードレクチャーを兼ねて二人でバックネット裏から観戦して、試合を見入ってしまうとカウントが怪しくなるので、冷静に冷静に。。

 さて、監督不在につきワタルコーチの指揮の元、本日の試合、借りのある相手、展開してゆくはずだったのですが、まぁ、なんというか、新聞の見出しだとしたら「遠軽南歴史的大敗、ワースト記録更新!!」・・・でしょうか。
IMG_1903.jpg

 シンさんは、スポーツの試合における雨はチームの力の差を小さくする作用があるそうですよ。と。

 ワタルコーチはコーチとして厳しく一言をみんなに伝えていたけれど、本当に響いているのかな。いくら有能なコーチといえども、他人と過去は変えられないのよ。
 
 この敗戦を糧に自分を変えなければならないよね。自分を変えることは可能だもんね。

 コーチは期待して待っていると思うな。管理人も見てるでよ。

 さぁ、明日。

 試合の写真が少ないことで、試合内容を察知してください。次は負けねーど!!

控える。

2017/07/07

 先日はマスターズの予選でした。管理人が若かりし頃、何度も試合した懐かしの海と牛舎に近い球場で試合をしてきましたね。
 
 マスターズというのは出場資格おっさん、というたいして難しくない条件をクリアした野球好きの仲間と、最近おっさんになった方々とで、ごちゃ混ぜになって試合をする。という、ある意味、夢の球宴ですね。

 管理人が以前所属していたチームで、管理人の先代のキャップが数年ぶりでプレーしたりして、旧交を温めているのですよ。
 まあ、相手側もどこかで対戦したような記憶のある方々ばかりで、毎年7月7日の七夕近くになると「いやはや」と、集まる感じです。ロマンチックです。


 まぁ、普段球も握ってないから、落下点にかなり前に入っているフライを落球したり、かつて「エース」と呼ばれた男が、直球と変化球の割合が逆転していたり、それぞれの「加齢」のなか、楽しんで、そして真剣に野球するわけですよ。
20170707184137e52.jpg

 さて、管理人はというと、出張疲れを考慮されてか実力か、ベンチスタートで結局出場せず、ベンチワークに勤しんでいました。

 大ファールがあり、外野スタンド近くまで走ってボールを取りに行ったり、コーチャーしたり、同じようなことをしているウチの団員に思いを馳せちゃったりしてましたね。
IMG_1586.jpg

 当たり前だけど、野球に行ってるのだから試合は出たいよね。

 ベンチワークは大事だし、コーチャーなんて勝敗を分けるくらい大事だと思う。控え選手がいないと試合が成り立たないしね。

 でも、試合に出ている9人がその大事さを解っていないと、試合に出たい気持ちを胸に一生懸命やっているベンチワークも徒労(トローって読むのよ)に終わるのよね。
 ベンチワークする団員、試合に出ている団員、気持ちを通じさせなければ…ね。

 試合にどれだけ出たいか、ではなく、野球がどれだけ好きなのか。
IMG_1710.jpg

 肝心の試合結果は負けまして、管理人の夏は早くも終わりました(ほんとはまだあるけど)。

 子どもの卒団までプレーすることを小さな目標にしているから、あと、2.5シーズン。団とともに全道出場決めたいなぁ。。

 さぁ、明日は借りのある相手との予選1回戦。ちばりよー。 

甘辛。

2017/07/03

 先日は北見市美山イーグルスさん、高栄ニュースターさんとの合同練習試合でした。
 写真のチョイスは間違っているような気もしますが。。あんまりにもかわいかったので。。

 先日は北見市美山イーグルスさん、高栄ニュースターさんとの合同練習試合でした。

 監督のツテで実現したこの試合ですが、ワタルコーチの話では「ボクんとき美山最強。」ってビビらせてくれたので、すっかり管理人はビクビクしながら球場入り。
IMG_1458.jpg


 で、どうかというとそりゃあ上手でしたよ。鉄腕ピッチャーあり、大型バッターあり。
 そんな強豪チームも子どもが少なく、合同チームの練習をしているとか。ご時世ですね。心中察します。
 高校球児のようなエイト。もうイガグリそのままいきなさい。会長はあきらめました。
IMG_1714.jpg

 管理人が高校生で、この近辺を弾けもしないギターを抱えてウロチョロしていたときは、近辺の公団に子どもがワンサカいたと記憶していしますが、団地も空き家っぽくなっていましたね。
IMG_1512.jpg

 それでも、都合3チームの選手、きょうだい、親、じーちゃん、ばーちゃんが集まると、やはりそこは子ども天国なのでした。子どもがいる、というだけで活気が出ますね。。。

 しょっぱい顔やのう。
IMG_1480.jpg

 この写真好きです。
 ちなみに管理人嫁の仕事。撮る人変われば写真も変わるもんですね。
IMG_1547.jpg

 さて、1試合目(6年生以下)

 午前中、あっつい。管理人は志願の審判でしたがグラウンドに立った瞬間激しく後悔しましたね。試合途中、タキさんが冷たい麦茶を持ってきてくれました。惚れてまいそうになりました。
 さて、子どもたちは大丈夫かな
IMG_1493.jpg

 イッサコーチのようなたたずまい。
IMG_1508.jpg

 管理人特権。嫁の奇跡の1枚を。
 と、ダイチの初ヒット。基本通りにセンター前に。前日ホリコーチにストライクゾーンを教えてもらったそうな。
IMG_1533.jpg

 ハヤトのばーちゃん、ケンシンのじーーちゃんばーちゃんから、冷たいものなど差し入れ!!んもう、依存性があるんでないかと思うほどの犯罪的ンマさ。
 いやー、御相伴させていただきましたが、おいしかったです。いつもありがとうございます。
 兄弟っていいね。
IMG_1548.jpg

さて、少し日が陰りだした2試合目(新人戦ベース)

 子どもたちの熱中症が気になっていましたが、午後になり少し涼しくなりました。。が、カミナリゴロゴロで、なんとか試合終わるまで待って。。

 キーはバントとか、基本ができるか否か。
 必死の形相。
IMG_1712.jpg

 できたかな?
IMG_1728.jpg

 これは送りバント成功を喜ぶの図。
 決めたのはリク。勝ったのかっつーくらいの喜びよう。
IMG_1659.jpg

 コーチャーの背中。あ!ソーマ!!ゴメン撮ってない!
 でも1試合目おかーさん、しっかり打席を動画に撮っていたのを管理人は暑さで倒れそうになりつつも確認してますので、見せてもらいなさいよー!
IMG_1660.jpg

 セカンド小フライ2キャッチ。
 アウトカウントが計算できるのはありがたいのよね。
IMG_1703.jpg

 ベンチワークお疲れさま。
IMG_1737.jpg

 さぁーて、メイン偶然撮れた写真。
 ケンシンのフライキャッチの瞬間。ん?目ぇ開いてるかぁー?
IMG_1756.jpg

 脱兎
IMG_1640.jpg

 これめんこいでしょ。
IMG_1590.jpg

 狙え道新展①
IMG_1582.jpg

 狙え道新展②
IMG_1645.jpg

 と、まあ楽しく綴ってはきましたが、試合後監督にインタビューしておきました。
 「今日の試合は何点?」  「うーん。40…いや30点ですかね。」
 「辛いね。」          「んー。勝てる試合は勝たないと。。」
 お。さすが甲子園を目指した猛者。言葉少な目に、一徹(再放送中ですね)の目で語っておりましたよ。
 うちの監督は勝ち方を知ってるな。勝ってきたんだなと、思いましたね。

 総監が監督のカラー出てきてるよ。と言っていましたが子ども達がまだ拙かったので、実感がありませんでしたが最近の試合を観て、なるほど南のチームカラー出てきたかな。いーや、まだまだかな。

 な、副キャプテン!
IMG_1550.jpg


ギア。

2017/06/21
IMG_0926.jpg
 スポーツしていて試合を何度もしていれば、ままあることだけど、「何かがオカシイぞ。」という感覚。
 これがゲームセットまで続いてしまい、なんでかズルズル負けちゃったと。そんなことあるよね。

 管理人が得意とするスポーツは、体型からはほぼ想像できないでしょうがテニスです。
 と、いっても昔でいう軟式テニス。いまはソフトテニス。関西の方ではメジャーですが、北海道はどちらかと言えばマイナーに属するスポーツでしょうか。。



 バカッ晴れの天気の朝、爽やかに駆け抜ける君たち。。
IMG_0957.jpg

 ささ。ベーランベーラン。
IMG_0970.jpg

 最近、ユニホームが似合う。憧れのセンパイになれたかな?
IMG_0972.jpg

 我が団は、たぶん俊足揃いのチームだと思います。
 それを生かすもコロスもあなた次第。
IMG_0979.jpg

 にぃーっ!って感じですね。力入ってます。
IMG_0982.jpg

 復活のケータ。
 大丈夫か?
IMG_1005.jpg

 コリク。
 もう、呼び名、定着しちゃったね。
 フリーバッティングでセカンドを守り、アウトを取りました。団員からドヨメキが。。。
IMG_1007.jpg

 自由人、アッツ。
 よく考えたら、1年生だった。これから楽しみだねぇ。
IMG_1011.jpg

 少しずつ野球が好きになっている、ソラ。
 みんな、よろしく。
IMG_1014.jpg

 さすがセンパイ、力強いぜ。
IMG_1055.jpg

 1周は大変だよね。
 でも、この積み重ねが大切。気がついたら駆けっこナンバーワン。
IMG_1071.jpg

 なんだか楽しそうだな。
 走るのが楽しいってことは、速くなるわ。
IMG_1078.jpg

 話戻って、軟式テニスって面白いのですよ。学生リーグがあり、Jリーグみたいな入れ替え戦が年2回があって、下部の1位と上部の最下位がやるのだけれども、ものすごく盛り上がります。。。確か4部リーグだったなぁ。

 軟式テニスは実は日本発祥。
 むむ。君たちの軟式野球も日本発祥と、同じでねえか。縁をかんじるなあ。


 さぁ。今日のピッチングはいかに?
IMG_1119.jpg

 管理人が一番好きな瞬間。
 ワクワクするね。
IMG_1159.jpg

 あ、ユーキ髪切った。
 野球坊主撲滅委員会(略して野撲委)的には、セーフ。ちょい悪オヤジの息のかかった床屋でカットしたらしい。
IMG_1273.jpg

 途中登板のエイト。
 ナイスピッチング!と試合後言ったら、眉間のシワがますます深まり、納得していない模様。
 なんか喋れよ。
IMG_1279.jpg

 本日のおかわりくん。
 監督から代打、指名された瞬間すっげー喜んでました。
 その姿勢がヒットにつながったのだと思います。
IMG_1283.jpg

 試合は負けました。

  テニスって錦織選手のようなシングルがイメージかもしれないけど、軟式の場合は基本ダブルス。
 で、たった2人のチームなのだけど、ギアがペアで噛み合わなければまったく試合が面白くないし、勝てるわけがない。

 野球はどうか。 野球は9人、そしてコーチャー、ベンチまで入れたら15~16人いるよね。
 1人でも自分だけのことを考えてプレーしたら2人でもまとまらないのに、チームが成り立つわけがないよね。
IMG_1306.jpg


 今日の敗戦、この前の「惜敗」とは明らかに内容が違うのをみんな気付いているかな。

 なんでだろ。

 その答えは試合後のミーティングでコーチが言っていたよね。
 「野球の技術の成長も必要だけれども、人として成長せい。」

 これに尽きるね。
 子どもも成長。親も成長。そしてチームの成長。
IMG_1313.jpg


 がんばっぺ。
 

オトナとして。

2017/06/19

 学童野球に携わるにあたって誰もが考えること。教育としての野球、勝負としての野球、仲間づくりとしての野球。
 どれも大切なことだよね。君たちが大きくなったときに必要な要素がいっぱい。

 これまたバランスが必要なのでしょうね。だから携わる指導者誰もが悩んでいることで、また、委ねている親も家庭内、応援においてどのように関わっていくべきか。。。

 たまには真面目なことも考える管理人です。


 ウチの連盟内で、不快な思いはしたことはなく、昨シーズンまだまだ弱かった当団を皆さん全力で「かわいがって」いただきましたからね。恩返しをそのうちさせていただきます。
IMG_0806.jpg

 というのは、私はすぐ熱くなるタイプで自分で試合に出ていても、試合のヤジとかで、ムキになる、まぁ、ヤジりやすい人なのです。
 みんなはどうかな?



 あ、この写真、ケンシンのおばあちゃんがアイスの差し入れいただきました。
 何度も言っていますが、少年野球とアイスは切っても切れない縁で、これ以上の組み合わせはないと思います。
 サッカーがとかラグビーがとかゆーなよ。
IMG_0823.jpg

 大人の分まで差し入れていただき、ホリコーチの顔が思わず緩むのです。
IMG_0820.jpg

 こんなおもろいヤツもおりますよ。
IMG_0814.jpg

 このTシャツのバックロゴなんて書いているかわかりますか? ・・・そう「魁(さきがけ)」です。南野球少年団塾長 江田島信八郎であるのよ。
IMG_0860.jpg

 サイちゃんが「教室」であるのに対し「塾」であることから、相当厳しい。
 アッツは、シンさんとやりたい。と管理人を避けるぐらいだから、その厳しさも伺えるでしょう。あのやろう。
IMG_0844.jpg

 とにもかくにも、硬式野球経験を持つ人に教わるのは幸せなこと。高校野球ってすげ-んだから。
 これはいつものことですが、偶然よく撮れた一枚。かわいいでしょ。
IMG_0853.jpg

 東海林コーチに一言もらい、年長のケータが挨拶。
IMG_0878.jpg
IMG_0884.jpg


 さて、話は戻して、 管理人が若いころ所属していたチームで、間違って全道にいっちゃうと、全てとは言いませんが、強いチームになれば結構ヤジも強くなる傾向にあったような気がします。

 前日の飲み会が全てである我がチームにとって、きついヤジは二日酔いの頭には結構厳しいのですよ。
 普通は宿の前で素振りぐらいするもんだし、門限があるらしいですが。。
 行きの移動からしてお祭り騒ぎで、とても君たちに見せられるオトナの野球チームではありませんでしたね。すまぬ。
 で、最近の学童野球はそのへん相手に対する敬意を忘れてはイカンということで、推奨している団体は皆無かと思います。。。


 塾長今度はキャッチャー。
IMG_0902.jpg

 最近凛々しくなった。かな。本人に言うと調子こくから言わんとこ。
IMG_0900.jpg

 コーチ…いやケンシン(昨日は代打でヒットを打ちおかわり君と呼ばれていた)とイッサ兄ぃ。
IMG_0894.jpg

IMG_0897.jpg

 躍動感。
IMG_0907.jpg

 どーですか、道具ビシッと並んでいるでしょう?かっこいいよね。
IMG_0915.jpg


 しつこく話は続きますが、スタンドの人々はどうか。自分も含めついキツイ言葉を相手チームに投げかけてはいないか反省というか、人の振り見てというか、自分を厳に戒めて行かねば、子どもがヤジるヤツになってしまうなと。

 野球というスポーツをマイナースポーツにしないためにも。

 で、管理人は自分への戒めも含めて声高らかに表明します。

 ヤジを

 しない。
 させない。
 持ち込ませない。
 
 という3原則を勝手に推進します! 影響力は全くありませんが(笑)

 も一つ、ランナーが手をパンパンも、気になる行為ですが、「パンパンしながら走った奴はいねー。」です。
 だって、手を叩くことに一生懸命で自分も集中できてないもんね。足ドタバタも同様。
 管理人が若いころよくやった牽制時に守備陣が、土をバサッと跳ねる行為も同様です。反省しています。。
 
 パンパンしなくなったら、そいつは走る気だ!気を付けろ!!