10人目の選手。

2017/12/18
IMG_0915.jpg
 最近子どもが簡単な球はじくなぁと思っていたら、グローブの芯の部分(ポケット)のアンコがヨレていたからだね。と、信頼するお店の方の見立て。

 なるほどー。さすがプロ。そういうものだったのか-。
 道具の手入れの良し悪しは、技術に直結というのも今なら分かるなぁ。 

 冬の間に慣らそうとこの時期グローブを買い替える選手も多いのですよ。
 とのお世話になっている地元スポーツ用品店の方々のアドバイスもあり、サイズも小さくなっていたため、高学年に向けグローブを購入しました。



 使い込んだグローブと新品のグローブ。どちらもいいかっこいいね。
IMG_8540.jpg

 ああ、これ6年生まで使うのだろうな。と思うと、ハイシーズンを前になんだか感慨に浸ってしまいました。

 サイズSからMへ、少し重くなったが取れる球が増える。バットも長く重くなったが(買ってないけど)、飛距離がアップ。



 
 並べてみました。6年生ともなると、これよりちょい長いのかな。
IMG_8532.jpg

 低学年から使っていた道具たちと一緒に眺めると、きみの成長が良くわかります。

 大切に使ってくれたのですね、見ればわかります。


 見守る監督。
IMG_8548.jpg

 お下がりとして人にあげるか?と聞いたら、大事に取っておくと言うから、とおさん嬉しくって半べです。



 シャトルランの苦悶の表情。
IMG_8574.jpg

  子どもより道具大事にしていないな。
 「負うた子に教えられて…。」とはこのことだなあ。

 まだまだ親の助けは必要だけれども、男になりつつあるのね。嬉しいようなさびしいような。



 キャップのフォーム。どだ。
IMG_8587.jpg

 さて、いつものとおり長い前置きはさておき。。。

 実は嬉しいことがあり、年のせいか懐古的になったので、その気持ちを素直にアップ。


 肘があがっててよーし!
IMG_8608.jpg

 先日、地元野球連盟の納会(表彰式)があり、私は欠席でしたが監督、団長、コーチの面々が出席してきました。

 その場は、今シーズンの表彰とかあったり、ウチも新人戦準優勝の初表彰などあったものと思われます。
 ※ダンチョがビール飲むまで1時間待ちましたよ。とのことで、のどカラカラだったそうな。

 その会最後のイベントとして町内事業者からの提供などで、抽選会があるのですよ。

 団長は何とバットを当てたとのことですが、実は団にもう一本バットをいただきました。



 こちらはどうかな?
IMG_8593.jpg

 それは、監督と管理人が昔在籍していたチームのマネージャーが当てたもので、それを寄贈してくれたとのことです。
 ありがとうございます!!



 総監と孫。でなく、ヤングジャガーその①
IMG_8703.jpg

 このマネージャーについては、お礼がてらこの場で紹介させてほしいのです。

 この方、同じチームのとき常に私が思っていたのは、「闘うマネージャー」という感覚です。社会人になってから独学で覚えたスコアをもとに試合中、「このバッターライト側ー!!」などと、的確な情報を野手にくれるのです(味方野手にもヘイヘイも言うし)。



 早くもセンスを見出されるYJ(ヤングジャガーその②)
IMG_8737.jpg

 また、普段の練習もグラウンドに足を運んでくれて、ヘイヘイ言っちゃたりしているのですよ。
 まさに10人目の選手で、今だから言うけど心強い存在でしたよ。

 その方が、我が子の在席している少年団にバットをくれるなんて。ね。
 親子で世話になってしまいました。なんか感無量。

 うちの子にもヘイヘイ言いに愛すべきグラウンドにも遊びに来てほしいなぁ。


 大好きなハルカパイセンといっしょに。
IMG_8595.jpg

 ウチのチームで、選手の心強い10人目の選手は、やっぱりスタンドの母たちかしら。

 緊張しすぎる父(私)は、11人目以降の選手になれればいいさぁ。



 ね、総監(べらんめえと言われそう)。
IMG_8773.jpg

 本日もありがとうございました!
IMG_8793.jpg

 追伸
 ダンチョは2次会会場を探しに、当たったバットを持ちながらほろ酔いで、通称「親不孝通り」をしばし徘徊したらしいが、怪しすぎる妙齢の二人のこと警察が興味を示さず良かったですねー。
 ※職質 → バット発見 → 凶器準備ナントカ罪 → 詰み → お泊り
 
 列島警察24時にネタを提供するところでした。ね。