勝ったり負けたり。

2017/08/07

 勝ち負けの結果より、その勝ち方、負け方が大事だと、有名なブログ「年中夢球」の管理人さんは仰ってます。
 そうだなぁ。そうだよね。そう思います。

 このブログが人気あるのは、きっと、心の奥で思っていて、何とも私たちが表現できないことを、経験をバックボーンに分かりやすい文としてまとめられているからではないかなぁ。という感想を持っています。
 だからなるほどー。と唸らされるのでしょうねぇ。
 
 URL↓
 https://ameblo.jp/nenjyu-mukyu-h/

 今日もベンチ入りしてくれるコーハイとその指導に当たる信八郎塾長。
 いつもありがとう!
IMG_2884.jpg

 いやー、めんこい。
IMG_2886.jpg

 めんこいわぁ。
IMG_2887.jpg

 バラバラバラっと、駆け出します。ショットガンフォーメーションです。
IMG_2904.jpg

 本日の指揮官と総監(ややこしいが総監からハルカに任命)。本当の総監は鏡に偶然写ってますね(笑)。
IMG_2909.jpg

 管理人の体型からは想像できないでしょうが、色々スポーツを経験させてもらいました(強制参加もあったり)。
IMG_2920.jpg

 君の使っているファーストミットはハルカの思いが詰まったもの。そしてそのミットは大分前に卒団した先輩から、ご厚意でいただいた大切なミット。
 たくさんの想いを、野手からアウトにしたい「送球」という気持ちを受け止めてください。
IMG_2938.jpg

 で、管理人はスポーツ万能ではありませんが、それぞれの競技をまぁまぁ楽しんできました。が、中には嫌いなスポーツもあるのよ。。

 いっちょ前の表情がいいね。
IMG_2945.jpg

 バレーが苦手です。背も低くジャンプ力もないので、レシーブするしかないのですが、どう練習してもアンダーがウマく上がらないのです。
 チャンスボールを乱した時のチーム内の冷たい空気、あれは辛かったす。
 バレー云々のくだりはあんまり関係ないけど、どのスポーツでも共感できるのは「どのように挑み、勝ち、負けたか。」ということでしたよ。

 これはいい表情。野球が好きな証拠。
IMG_2950.jpg

 さてさて、話が逸れました。

 大分前時間が経ってしまったけど先日は、太陽杯新人戦でしたね。
 初戦は勝ったけど、つらい勝利だったよね。
 回ごとに変わるチームの雰囲気。当たり前のことではあるのだけれど、相手も小学生だから、ちょっとしたことでガラッと流れが変わり、行ったり来たり。
IMG_2968.jpg

 これはまたしても偶然ショット。
 数撃ちゃあたるのです。
IMG_2976.jpg
IMG_2984.jpg
IMG_2986.jpg


 その波を掴んだ方が結果、勝者ということかもね。
 でも、諸先輩の試合を観させてもらったら、どうやら自力で流れを変えているようにも思うなぁ。
 きみたちもできるかな?

 ベンチワークの達人(小1)。
 見てろよセンパイ!
IMG_2996.jpg

 存在感では彼。
IMG_2990.jpg

 とキャッチボールパートナー。
IMG_3018.jpg

 代打の「ネ申」と最近言われている。彼も。
IMG_3038.jpg
 
 んー、モテそう。
IMG_3044.jpg

 臨時総監も。。
 かわいいっしょ
IMG_3056.jpg

 働くケンシン。遠いなぁ(笑)。
IMG_3060.jpg

 とにかく、大量リードを何とか守りきり、辛勝しました。
 ホリコーチは「何か勝った気がしません。」とのこと。
 確かに、試合終了時、ヤッター!!というより、深く息を「はー。」
IMG_2999.jpg

 当然みんなも分かっているようで、素直に喜んではいないようでしたね。。
 しかし、また明日に続く。

 総監に「ようやく、また明日って言えるようになりました。嬉しいですね。」と言ったら。。。
  「ウマいこと言うなあ。だはは。」ですって。

 翌日の2回戦。
 大差で負けてしまったね。

 敗戦から得るものは多いと、言うけれど、この敗戦は「明日」に繋がるかな?
 試合終了後の監督、コーチからの話を荒っぽくまとめると、

 新人戦から最高学年は5年生。自覚を持ちチームを引っ張って欲しい。ということ。
 そうか5年生か。管理人の5年生のときって、どうだったかな。恥ずかしい思い出ばかり。あまりエラソなこと言えないな。。
 特に通知箋(つうちせんって北海道弁だったのね)は、親としての沽券に係わる問題に発展しそうなので早めに処分せねば。

 でも、そろそろ難しい思いや考えで意思をまとめることができる年頃。
 高望みだろか。。
IMG_3084.jpg

 イヤイヤ、んなこたね。
 君たちならもうできると信じているよ!

 けっぱれ。