ギア。

2017/06/21
IMG_0926.jpg
 スポーツしていて試合を何度もしていれば、ままあることだけど、「何かがオカシイぞ。」という感覚。
 これがゲームセットまで続いてしまい、なんでかズルズル負けちゃったと。そんなことあるよね。

 管理人が得意とするスポーツは、体型からはほぼ想像できないでしょうがテニスです。
 と、いっても昔でいう軟式テニス。いまはソフトテニス。関西の方ではメジャーですが、北海道はどちらかと言えばマイナーに属するスポーツでしょうか。。



 バカッ晴れの天気の朝、爽やかに駆け抜ける君たち。。
IMG_0957.jpg

 ささ。ベーランベーラン。
IMG_0970.jpg

 最近、ユニホームが似合う。憧れのセンパイになれたかな?
IMG_0972.jpg

 我が団は、たぶん俊足揃いのチームだと思います。
 それを生かすもコロスもあなた次第。
IMG_0979.jpg

 にぃーっ!って感じですね。力入ってます。
IMG_0982.jpg

 復活のケータ。
 大丈夫か?
IMG_1005.jpg

 コリク。
 もう、呼び名、定着しちゃったね。
 フリーバッティングでセカンドを守り、アウトを取りました。団員からドヨメキが。。。
IMG_1007.jpg

 自由人、アッツ。
 よく考えたら、1年生だった。これから楽しみだねぇ。
IMG_1011.jpg

 少しずつ野球が好きになっている、ソラ。
 みんな、よろしく。
IMG_1014.jpg

 さすがセンパイ、力強いぜ。
IMG_1055.jpg

 1周は大変だよね。
 でも、この積み重ねが大切。気がついたら駆けっこナンバーワン。
IMG_1071.jpg

 なんだか楽しそうだな。
 走るのが楽しいってことは、速くなるわ。
IMG_1078.jpg

 話戻って、軟式テニスって面白いのですよ。学生リーグがあり、Jリーグみたいな入れ替え戦が年2回があって、下部の1位と上部の最下位がやるのだけれども、ものすごく盛り上がります。。。確か4部リーグだったなぁ。

 軟式テニスは実は日本発祥。
 むむ。君たちの軟式野球も日本発祥と、同じでねえか。縁をかんじるなあ。


 さぁ。今日のピッチングはいかに?
IMG_1119.jpg

 管理人が一番好きな瞬間。
 ワクワクするね。
IMG_1159.jpg

 あ、ユーキ髪切った。
 野球坊主撲滅委員会(略して野撲委)的には、セーフ。ちょい悪オヤジの息のかかった床屋でカットしたらしい。
IMG_1273.jpg

 途中登板のエイト。
 ナイスピッチング!と試合後言ったら、眉間のシワがますます深まり、納得していない模様。
 なんか喋れよ。
IMG_1279.jpg

 本日のおかわりくん。
 監督から代打、指名された瞬間すっげー喜んでました。
 その姿勢がヒットにつながったのだと思います。
IMG_1283.jpg

 試合は負けました。

  テニスって錦織選手のようなシングルがイメージかもしれないけど、軟式の場合は基本ダブルス。
 で、たった2人のチームなのだけど、ギアがペアで噛み合わなければまったく試合が面白くないし、勝てるわけがない。

 野球はどうか。 野球は9人、そしてコーチャー、ベンチまで入れたら15~16人いるよね。
 1人でも自分だけのことを考えてプレーしたら2人でもまとまらないのに、チームが成り立つわけがないよね。
IMG_1306.jpg


 今日の敗戦、この前の「惜敗」とは明らかに内容が違うのをみんな気付いているかな。

 なんでだろ。

 その答えは試合後のミーティングでコーチが言っていたよね。
 「野球の技術の成長も必要だけれども、人として成長せい。」

 これに尽きるね。
 子どもも成長。親も成長。そしてチームの成長。
IMG_1313.jpg


 がんばっぺ。
 

オトナとして。

2017/06/19

 学童野球に携わるにあたって誰もが考えること。教育としての野球、勝負としての野球、仲間づくりとしての野球。
 どれも大切なことだよね。君たちが大きくなったときに必要な要素がいっぱい。

 これまたバランスが必要なのでしょうね。だから携わる指導者誰もが悩んでいることで、また、委ねている親も家庭内、応援においてどのように関わっていくべきか。。。

 たまには真面目なことも考える管理人です。


 ウチの連盟内で、不快な思いはしたことはなく、昨シーズンまだまだ弱かった当団を皆さん全力で「かわいがって」いただきましたからね。恩返しをそのうちさせていただきます。
IMG_0806.jpg

 というのは、私はすぐ熱くなるタイプで自分で試合に出ていても、試合のヤジとかで、ムキになる、まぁ、ヤジりやすい人なのです。
 みんなはどうかな?



 あ、この写真、ケンシンのおばあちゃんがアイスの差し入れいただきました。
 何度も言っていますが、少年野球とアイスは切っても切れない縁で、これ以上の組み合わせはないと思います。
 サッカーがとかラグビーがとかゆーなよ。
IMG_0823.jpg

 大人の分まで差し入れていただき、ホリコーチの顔が思わず緩むのです。
IMG_0820.jpg

 こんなおもろいヤツもおりますよ。
IMG_0814.jpg

 このTシャツのバックロゴなんて書いているかわかりますか? ・・・そう「魁(さきがけ)」です。南野球少年団塾長 江田島信八郎であるのよ。
IMG_0860.jpg

 サイちゃんが「教室」であるのに対し「塾」であることから、相当厳しい。
 アッツは、シンさんとやりたい。と管理人を避けるぐらいだから、その厳しさも伺えるでしょう。あのやろう。
IMG_0844.jpg

 とにもかくにも、硬式野球経験を持つ人に教わるのは幸せなこと。高校野球ってすげ-んだから。
 これはいつものことですが、偶然よく撮れた一枚。かわいいでしょ。
IMG_0853.jpg

 東海林コーチに一言もらい、年長のケータが挨拶。
IMG_0878.jpg
IMG_0884.jpg


 さて、話は戻して、 管理人が若いころ所属していたチームで、間違って全道にいっちゃうと、全てとは言いませんが、強いチームになれば結構ヤジも強くなる傾向にあったような気がします。

 前日の飲み会が全てである我がチームにとって、きついヤジは二日酔いの頭には結構厳しいのですよ。
 普通は宿の前で素振りぐらいするもんだし、門限があるらしいですが。。
 行きの移動からしてお祭り騒ぎで、とても君たちに見せられるオトナの野球チームではありませんでしたね。すまぬ。
 で、最近の学童野球はそのへん相手に対する敬意を忘れてはイカンということで、推奨している団体は皆無かと思います。。。


 塾長今度はキャッチャー。
IMG_0902.jpg

 最近凛々しくなった。かな。本人に言うと調子こくから言わんとこ。
IMG_0900.jpg

 コーチ…いやケンシン(昨日は代打でヒットを打ちおかわり君と呼ばれていた)とイッサ兄ぃ。
IMG_0894.jpg

IMG_0897.jpg

 躍動感。
IMG_0907.jpg

 どーですか、道具ビシッと並んでいるでしょう?かっこいいよね。
IMG_0915.jpg


 しつこく話は続きますが、スタンドの人々はどうか。自分も含めついキツイ言葉を相手チームに投げかけてはいないか反省というか、人の振り見てというか、自分を厳に戒めて行かねば、子どもがヤジるヤツになってしまうなと。

 野球というスポーツをマイナースポーツにしないためにも。

 で、管理人は自分への戒めも含めて声高らかに表明します。

 ヤジを

 しない。
 させない。
 持ち込ませない。
 
 という3原則を勝手に推進します! 影響力は全くありませんが(笑)

 も一つ、ランナーが手をパンパンも、気になる行為ですが、「パンパンしながら走った奴はいねー。」です。
 だって、手を叩くことに一生懸命で自分も集中できてないもんね。足ドタバタも同様。
 管理人が若いころよくやった牽制時に守備陣が、土をバサッと跳ねる行為も同様です。反省しています。。
 
 パンパンしなくなったら、そいつは走る気だ!気を付けろ!!

初惜敗。

2017/06/16
IMG_0732.jpg
 勝つより、負けに学ぶことが多い。と、よく言われます。
 しかし、当団はチーム事情が厳しく負け続けた1シーズンを過ごしてきました。

 悔しくなかったわけではありません。しかし、低学年ゆえ、実力がいかんせんなかった。

 初惜敗とは、本当の意味で悔しかった敗戦を意味し、管理人としては、喜びの表現なのですよ。
 
 それを証拠に、初めて負けて泣いていた団員がチラホラいました。

 今まで流した涙プラスアルファで、チームが負けたことを本当に悔しがっていたんだね。
 あまりにも遠かった勝ち上がるということが、初勝利を経て、ようやく手に入りつつあり、それが手からこぼれ落ちたわけだから。

 少年野球を通じて、本当に学んでほしかったのは、こういうことなのかもしれません。

 監督、コーチも君たちと同じ気持ちだったようで、大人だけれども「悔し涙」を流していましたよ。本当に勝ちたかったのです。



 これって、普通のことかしら。君たちが大人になったら、こういう人達になっていて欲しいし、おっつぁん、おばちゃんになったとき自分の監督コーチのこと、思いだしてもらえたら、それは指導者冥利に尽きるということでしょうね。
 こん幸せモンが!!
IMG_0727.jpg

 いやあ、君たちには楽しませてもらっています。
 おじさんになってから、こんなにコーフンすること人生であるなんて想像していなかった。
IMG_0739.jpg
IMG_0663.jpg

 管理人渡世、「ボランティアなんだかんな!」ということではなく、楽しませてもらっている。と、心から思いましたよ。
 まぁ、たまに(よく)腹立ちますが(笑)。
IMG_0603.jpg
IMG_0656.jpg

 本当にいい試合でした。お疲れさまでした。
IMG_0613.jpg
IMG_0649.jpg
IMG_0725.jpg
 
 追伸
 監督は帰宅するや否や、ビールを2本飲み干したそうな。苦いビールだったろうなぁ。。
IMG_0727.jpg

 今日のブログの写真は逆巻きで。。。

ハルカ。

2017/06/14

 タイトルを初勝利とするかで迷いましたが、初勝利が一番嬉しかった団員の名前をタイトルにしましたよ。
 日曜日はスタルヒン杯1回戦がありました。

 管理人はイベントのお手伝いで試合見れませんでしたが、急遽のジンギスカン会の連絡で、事情はすぐ飲み込めましたね。
 祝勝会、やりました。

 総監とハルカの乾杯。


 ダンチョは、ベンチにいたらしく勝利の瞬間、嬉し泣きをするハルカにハグしたらしい。
 「ずるいぞ!」と言いましたが、「管理人さんがハグするのは犯罪。」と、いうことでしたので、さびしく心の中でハグ(しているのを想像)。 こっちの方がマズいんでない?
IMG_0504.jpg

 とにかく、チームの勝利ではあるけれども、公式戦1勝をハルカに経験させたい。という目標はクリアしました。
 試合してなきゃ、よくいる小学生だけど、グラウンドに入るとみんなかっこよく見えるね。
IMG_0490.jpg
IMG_0491.jpg

 次は当たり前のことだけど、自分たちのために勝利をつかもうね。


 これは敗戦しましたがその前日の中湧別さんとの試合。のちにブログにアップしますが、本日(6月14日)に試合して劇的な幕切れとなりましたのよ。涙か雨か・・・
 
 男の背中シリーズ①
 コーチ!!って声かけてしまいそう。
IMG_0444.jpg

 男の背中シリーズ②
 なんか偶然うまく撮れました。顔が映るより、自画自賛ですが効果的(笑)。背中で語れ!!
IMG_0437.jpg

 男の背中シリーズ③
 出た。南ジャガー伝統の土いじり。ふふふ。小1~3年って、興味が色々出てくるので、一つところにいられないのは、むしろ「良いこと」らしい。ほんとかなぁ。
IMG_0427.jpg

 お母さんが見えたのかな。
IMG_0414.jpg

 ベンチの雰囲気。
 センパイも面倒見てくれてます。だから、心配しないでくださいね。
IMG_0403.jpg
IMG_0365.jpg

 最近いい味出す男。喉つぶさないようね。
IMG_0386.jpg

 野球のブログだから、動きのあるものもたまには入れて。。。
IMG_0301.jpg

 さて、祝勝会に戻って、 ホリコーチが「本日のヒーローインタビュー。本日のヒーローはみんなです!」だって。
 ばかやろー泣かすんじゃないよ。新庄選手を思い出しましたね。。。
IMG_0515.jpg
 
 で、一人ひとこと申していく中で、一番いいこと言ったのはアッツ兄ぃ。
 イーこと言ったのよ。相当いいこと言ったのだけど、お酒のせいか管理人忘れてしまいました。まぁ、許してください。
IMG_0548.jpg

 試合に出た子も、それをバックアップした子も、全てでつかんだ勝利ですね。勝つこと。
 どうでしたか。皆喜びを爆発させていましたね。

 次は初めての2回戦進出。みんなでスタルヒン球場へ行きたいなー。ある連盟役員さんは、勝つことを知ったらまた強くなるよ! だって。

 嬉しい。
IMG_0565.jpg
 
 そして、また一つ子どもが成長し、少し親離れをし始めていること実感していますよ。

晴耕雨読。

2017/06/03

 雨ですね。

 楽しみにしていた運動会が延期になりました。。。

 テルテルぼーずも心なしか「ゴミン。」とうなだれているようですね。

 まぁ、やまない雨はないから延期となった火曜日にはみんな元気な姿を見せてくれそうですね。ぼーずもその日を晴らすように頑張ってください。

 晴れと言えば太陽ですね。

 「あなたは私の太陽です。」なんて、古い洋画でありそうな台詞ですが、私たちにとって子どもの存在は「太陽」です。

 どこの親も同じでしょうが、それぞれかけがえのない存在で、一生懸命育てた結果、今、グラウンドで元気に駆け回っていて、まだまだ子育ての途中段階ですが、実を結ぼうとしつつあるのでしょう。
IMG_9133.jpg

 そんな太陽だってミスしたり、落ち込んだり、疲れることだってあるから、無理に晴れなくたってイーんだ!と安心させ、手出ししたいのをグッと我慢し、見守るもの親の務めなんでしょうね。

 晴れの日ばかりでは砂漠になってしまうし、生き物は生きていけませんね。子どもも親も、ドンマイの精神ってだいじだなぁ。
IMG_9152.jpg

 鬼決め中。
 はたから見ているとダチョウ倶楽部さん状態ですね。はよう決めろや。
IMG_9193.jpg

 鬼ごっこ。楽しんでやっていますが実はこれきついはず。
 ストップアンドゴー、捕まえる作戦、色々な要素が入っている練習です。
IMG_9183.jpg

 満面の笑みの男。
 子どものスポ少活動で、上達の近道は、練習をたくさんすることではなく、バランスが重要とのことです。
 勉強、運動、遊び、食事etc.. どれもバランス良い状態が結果的ベストという文章をどこかで読みました。
IMG_9208.jpg

 バランスの良い子育って難しいけれど、野球だけでは子どもは育たないのは何となくわかるような気がします。
 当少年団の規約にある団の目的が魂の入ったものになるよう、心技体、スクスクと成長して欲しいと管理人は願っております。
IMG_9214.jpg

 キャップの指導。
 カッチョええど。
IMG_9240.jpg

 お兄ぃたちの見習って。マネすることから始めよう。
IMG_9168.jpg
IMG_9257.jpg
IMG_9249.jpg

 よ!ケンシン!
 慣れてきたかな?もっとましな写真あんだろー、と言われそう。
IMG_9288.jpg

 ウレタンボールでキャッチボール、バッティング、最後にノックをして、ちょっと早めの上がりです。
 体力がついてきたらお兄ぃたちと混ざってやろうね。
 お疲れ様でした。
IMG_9293.jpg

 居残り練習中。。。
IMG_9307.jpg

 すっかりホリコーチ任せにしている高学年の練習。
 前の塁を狙う。これは、大人のチームでも手を抜くやつにはおっつぁんから怒鳴られることもあるんですよ。
IMG_9313.jpg

 勝つための練習。勝てばいいというわけではないけれど、試合の目的は勝つこと。そのための練習だということを忘れるな!
 ホリコーチの言葉を荒っぽくまとめました(これでよいのかな)。ありがとうございました!!
IMG_9337.jpg


 せっかくだから雨読。
 管理人は読書が好きです。

 でも、「太宰」とか「武者小路」とか難しいものを文学セーネンみたく読む訳ではありません。

 ずーっと好きなのは「東海林さだお」さん、漫画家なのにエッセイの達人という変わったお方で、その新刊を読みながら寝落ちするのが最高の幸せです。

 あと、「クレイジージャーニー」の中の旅人で高野秀行さん、ゴンザレスさんの本が最近のお気に入り。

 高野さんは早稲田大学探検部というアヤシイ部の出身で、学生の頃から幻獣ムベンベ(UMA)を追いアフリカに行ったり、インドで逮捕されたり、アヘン中毒になったり、そうかと思えばアジアの納豆文化を追い求める旅に出たりと、んもう、平凡な毎日を送っている管理人にはたまらない官能の世界に温かい布団の中にいつつ誘ってくれるわけですよ。

 心霊写真全集とかばっかり借りてないで、江戸川乱歩の少年探偵団シリーズや、15少年漂流記なんて古くて新しい良書だと思いますが、みんな、雨読してみませんか。

 今の子はどんな本が好きなのかな。電子書籍ってゆーなよ!