あと一本のカベ(と追記)。

2017/09/21

 先日は「新人戦」でしたね。
 
 ハルカがいないチームとして本格始動ですね。
 大黒柱が抜けるとポジションも色々変化するのですよ。

 さて、結果だけを見て簡単に言ってしまうと、「投打かみ合い大量リードによる快勝。」といったところでしょうか。

 お、どこかで見たような野球少年顔になったなぁ。
IMG_3571.jpg

 確かに大量リードではありましたが、初めて(と感じる)先行してそして逃げ切るという展開だったけど、追われるというのは何点あってもドキドキするもんなんですね。

 コリクか。足速し。
IMG_3579.jpg


 学童野球に安全圏ってないよなぁ。と、改めて感じましたね。
 大人の野球でも大きくリードしていても、最終回に満塁になると、どうしても嫌な想像をしてしまうことがあります。

 人によるかもしれないけれど、管理人は心配性なので、とても怖くなります。
 なので誰よりも声を出して、チームを鼓舞というより、恐怖心を払拭しようと必死になるわけです。
 そんな管理人だから、君たちの大量リードもドキドキするわけよね。

 みんなはどうだったのかな。

 
 お、なんだか雰囲気がでてきたなぁ。
IMG_3582.jpg


 ところで、相手の佐呂間さんは、新人戦には当然新しいメンバーで挑んできたわけで、ベンチの雰囲気も良く、「あと一本」でれば、相当盛り上がったでしょう。

 その状況をみて、昨年のウチを思い出しました。
 勝利こそ難しい展開だけども、何とか一矢報いたいとき相当あったよね。

 そんなとき本当にあと一本が遠かった。。。


 楽しみなチビ達。
IMG_3585.jpg

 タラレバは言っちゃいけないと判りつつ、「あと一本でればなぁ。」
とよく思ってました。

 この試合はその一本が出るようになった結果ですね。

 嬉しかったよ。

 もひとつ嬉しかったのは、相手のミスを見逃さなくなったこと。
 ミスにつけこむというと、なんだか好きな表現ではないので、ここは見逃さない。と表現します。
 あと、甘い!と言われそうですが、「ミスを誘う作戦」っていうのも学童野球の本旨から言ってちょっと違うのかもなぁ。


 目ぇつぶっとるがな。
IMG_3593.jpg


 さて、次は2回戦。

 どんなドキドキをくれるのでしょうか。

 ランホー(ランニングホームラン)の彼。
IMG_3603.jpg

 なんだかカッチョよい写真。
IMG_3610.jpg

 次は君の番だぞ!
IMG_3617.jpg

 君も。
IMG_3622.jpg

 君も。って何ちゅー顔だ。
IMG_3624.jpg

 パワーバランスが悪いですな。パワーナンバーワンと1年生ではね。。センパイお疲れ。
IMG_3647.jpg

 めんこい。
IMG_3680.jpg

 中田翔さんみたいな引っ張り。。
 監督はセンター前!って言ってるけどね(笑)。あ、監督、審判お疲れ様です。
IMG_3689.jpg

 牽制する方も戻るランナーも。ナカナカですねー。
IMG_3728.jpg

 満面の笑みでウイニングボールをキャッチ。
 ランホーのオマケつき。
IMG_3776.jpg

 さらに嬉しいことがあったので追伸。

 先日、子どもが塾のため練習中抜けしたのだけれど、この季節思ったより早い日没で道具を置きっぱなしにしてきたので、急いで愛すべきグラウンドに二人で取りに行きました。
 すると、ハルカ、アツキ、ユーキがそれぞれ道具をそれぞれもって届けてくれるところでした(なぜかバットはケースから出して一人ひとり持っていたのは面白かった)。


 この背中たち。タマラン。
IMG_3781.jpg

 そういう、さりげない優しさができるようになったのは管理人としては試合に勝つことより正直、嬉しい出来事でした。
 なんだそんな当たり前のことかと思う方もいるかもしれませんが、当たり前の優しさを、さりげなくできるって案外簡単ではないよね。


 いー顔。
IMG_3785.jpg

 勝って兜の緒を締めよ。ですね。指導陣含めてみんないい顔してるわ。
 本当はあふれる喜びを隠しきれていませんが。。
IMG_3798.jpg


 試合もそうですが、心の面も少しづつではありますが、お父さんお母さん。ジャガーの子どもは成長していますよ。
 
 さり気ない、この優しさがチームワークとなって、チームの強さに繋がればステキだなぁ。

ヒーロー(ヒロイン)。

2017/09/11

 急にやる気を出して先日の練習試合の模様をアップ。
 お相手はなんと強豪「北見ビクトリー」さん。
 しかも、あちらからのお申し出、というありがた過ぎる展開でした。さらに、どういうわけか地元球場も空いており「おもてなし」できる状況がばっちり。

 闘う集団って感じでしょ。チビも先輩もかっこええ。ちなみにカメラマンはハヤタとおちゃん。撮る人が違うとホント写真って違うよね。びっくりします。
IMG_3413.jpg

  で、来る新人戦、チャンピオンシップ協会の会アンダー4年生以下の試合を想定できる、5年生以下1戦目、4年生以下2戦目というゴーカ版。いやー、子どもたちはいい経験できましたね。
 1戦目は5対1で敗戦。2戦目は5対2で勝利。

 惜しい。コリクがいれば全員集合だったのに。
IMG_3417.jpg

 でも、結果より内容が濃かった。初戦は敗戦したものの中盤終了まで0対0の緊迫した試合で、「おお。あの強豪と堂々と渡りあっているじゃない!」という展開で、主審を務めてくれた信八郎塾長も(最近登場回数が多いね)緊張のサバキ。。。
 管理人も人知れず緊張のサバキ。。粗相があってはいかんのよ。。

 試合は我慢くらべのようなヒリヒリする感じ。ミス&好打で5点を献上してしまった。。
 でも、ここからが一味ちがったの。
IMG_3432.jpg

 塁に出たヒナタが足を見せて盗塁し、チャンスが1、3塁と広がったとき、1塁ランナーのアツキが盗塁し、タイム取っての確認に何かあるかなと思っていたら、アツキを刺しにきたのですよ。
 しかし、持ち前のセンスの良さで良いスタートを切り、2塁セーフとなったとき3塁ヒナタが勝負で生還。。

 写真と登場人物違いますが。。
IMG_3440.jpg

 上級生コンビによる「打てないなら足で」もぎ取ったかっちょいい1点でした。ノーヒットで1点。この意味は大きい。

 試合はそのままのスコアで終了しましたが、みんなはどういう気持ちだったのかな。
IMG_3442.jpg



IMG_3463.jpg
 次の試合は4年生以下で組んだチーム同士の試合で、ウチの近隣でこの試合ができるのは超貴重。

 試合に関し細かいことを言えばきりがありませんが、最も印象的だったのは、2対1でリードされた最終回、2アウト満塁。3-2のカウントからユーキの放った逆転打だね。

 写真と本文は違うけど。。
 今度は信八郎塾長の自称広報班による戦況写真。これまた面白いね。つくづく撮る人によって違うもんです
IMG_3475.jpg

 アンダー10を意識し、5回戦で試合。おお、後がないぞジャガー。
IMG_3492.jpg

 試合に関し細かいことを言えばきりがありませんが、最も印象的だったのは、2対1でリードされた最終回、2アウト満塁。3-2のカウントからユーキの放った逆転打だね。

 管理人は審判をしており、フォアボールで満塁となりユーキの打席に回ったとき、「初球行け!」と心で思っていましたが、ユーキはピクッとして見逃し。ああ、やられたかも。。と思ってました。

 が、ユーキは粘りに粘ってフルカウントからセンター前に弾き返したのよね。いやー素晴らしい。
 ところで、初球打ちに行かなかったのは、あのべらんめぇ総監の指示だったと知ったのは、試合終了後。
「勝負は2球目以降。1球目はタイミング、球筋をしっかり見ろ。」 との指示が飛んでいたのですって。だからユーキはピクッとしたんだね。決して弱気になったわけではない。

 カメラマン交代。エイト母。
 うーん。母の愛を感じずにはいられない。
IMG_3496.jpg

 フォアボール後の初球は叩け!というセオリーしか頭になかった私は、経験っていうのはすごいなぁと、尊敬しましたよ。すげーわ。すごいすごい。

 で、ヒーローはユーキで決定!
 まてまて。。。

 いや、慣れない左打席で精一杯打ったボテボテの当たりを一生懸命走ってセーフになったコーキ…
 いや、ピッチャーが試合を作ったんだよ。
 いや、守備陣も良かったよ。
 いや、ベンチワークをしてくれた子たちも…
 いや、前の試合で勇気づけてくれた5年生も…
 いや、ハルカだって。
    
 管理人が思うに、勝負を決めたユーキにみんなでつなげたということだよね。。
 よしよし。キレ―にまとまったぞ。

 ほのぼのとした1枚。
IMG_3501.jpg

 いーやまて。

 普段教えてくれてる監督、コーチもおるよ。
 普段練習のとき、仕事帰りに寄ってくれる父さんもおるよ。
 いや、今日、おにぎりを作ってくれたお母さんもおるよ。
 いや、いっつも洗濯をしてくれてるお母さんがおるよ。今日も頑張れーって見送ってくれた、あるいはスタンドで応援してくれているお母さんもおるよ。

 スピンオフ的に翌日ファイターズ野球教室に参加したハヤタ。
 なんと立石さんの球を直接打ったそうな。ウラヤマシ―、このこのー!
20170911203937128.jpg

 で、結論。

 君たちを生み、育ててくれてるお母さんがヒーロー(ヒロインですね)かな。
 母なる海。という言葉とおり、お母さんは、帰るべきところ。この言葉には父はきっと敵わない。

 お父さんは「岳父」という言葉もあるけど、越えねばならないライバルのような存在なのかも(「岳父」って義理の父に使う言葉だけれどもね)。

 これは遊びを兼ねた練習。今度どんなだたっか教えろよー。
20170911203856813.jpg

 そんな母さん方が願うのは、君たちが仲間と一丸となって野球を楽しみ、学童野球の経験が後の人生において財産になること。
 試合に出た子も、残念ながら出られなかった子も、それぞれの人生の中では君が主役だし、そうでなければいかん。

 きっと母さんも願っているはず。
 と、妄想は果てしなく続くのです。

 妄想族です。 長いね文章。

勝ったり負けたり。

2017/08/07

 勝ち負けの結果より、その勝ち方、負け方が大事だと、有名なブログ「年中夢球」の管理人さんは仰ってます。
 そうだなぁ。そうだよね。そう思います。

 このブログが人気あるのは、きっと、心の奥で思っていて、何とも私たちが表現できないことを、経験をバックボーンに分かりやすい文としてまとめられているからではないかなぁ。という感想を持っています。
 だからなるほどー。と唸らされるのでしょうねぇ。
 
 URL↓
 https://ameblo.jp/nenjyu-mukyu-h/

 今日もベンチ入りしてくれるコーハイとその指導に当たる信八郎塾長。
 いつもありがとう!
IMG_2884.jpg

 いやー、めんこい。
IMG_2886.jpg

 めんこいわぁ。
IMG_2887.jpg

 バラバラバラっと、駆け出します。ショットガンフォーメーションです。
IMG_2904.jpg

 本日の指揮官と総監(ややこしいが総監からハルカに任命)。本当の総監は鏡に偶然写ってますね(笑)。
IMG_2909.jpg

 管理人の体型からは想像できないでしょうが、色々スポーツを経験させてもらいました(強制参加もあったり)。
IMG_2920.jpg

 君の使っているファーストミットはハルカの思いが詰まったもの。そしてそのミットは大分前に卒団した先輩から、ご厚意でいただいた大切なミット。
 たくさんの想いを、野手からアウトにしたい「送球」という気持ちを受け止めてください。
IMG_2938.jpg

 で、管理人はスポーツ万能ではありませんが、それぞれの競技をまぁまぁ楽しんできました。が、中には嫌いなスポーツもあるのよ。。

 いっちょ前の表情がいいね。
IMG_2945.jpg

 バレーが苦手です。背も低くジャンプ力もないので、レシーブするしかないのですが、どう練習してもアンダーがウマく上がらないのです。
 チャンスボールを乱した時のチーム内の冷たい空気、あれは辛かったす。
 バレー云々のくだりはあんまり関係ないけど、どのスポーツでも共感できるのは「どのように挑み、勝ち、負けたか。」ということでしたよ。

 これはいい表情。野球が好きな証拠。
IMG_2950.jpg

 さてさて、話が逸れました。

 大分前時間が経ってしまったけど先日は、太陽杯新人戦でしたね。
 初戦は勝ったけど、つらい勝利だったよね。
 回ごとに変わるチームの雰囲気。当たり前のことではあるのだけれど、相手も小学生だから、ちょっとしたことでガラッと流れが変わり、行ったり来たり。
IMG_2968.jpg

 これはまたしても偶然ショット。
 数撃ちゃあたるのです。
IMG_2976.jpg
IMG_2984.jpg
IMG_2986.jpg


 その波を掴んだ方が結果、勝者ということかもね。
 でも、諸先輩の試合を観させてもらったら、どうやら自力で流れを変えているようにも思うなぁ。
 きみたちもできるかな?

 ベンチワークの達人(小1)。
 見てろよセンパイ!
IMG_2996.jpg

 存在感では彼。
IMG_2990.jpg

 とキャッチボールパートナー。
IMG_3018.jpg

 代打の「ネ申」と最近言われている。彼も。
IMG_3038.jpg
 
 んー、モテそう。
IMG_3044.jpg

 臨時総監も。。
 かわいいっしょ
IMG_3056.jpg

 働くケンシン。遠いなぁ(笑)。
IMG_3060.jpg

 とにかく、大量リードを何とか守りきり、辛勝しました。
 ホリコーチは「何か勝った気がしません。」とのこと。
 確かに、試合終了時、ヤッター!!というより、深く息を「はー。」
IMG_2999.jpg

 当然みんなも分かっているようで、素直に喜んではいないようでしたね。。
 しかし、また明日に続く。

 総監に「ようやく、また明日って言えるようになりました。嬉しいですね。」と言ったら。。。
  「ウマいこと言うなあ。だはは。」ですって。

 翌日の2回戦。
 大差で負けてしまったね。

 敗戦から得るものは多いと、言うけれど、この敗戦は「明日」に繋がるかな?
 試合終了後の監督、コーチからの話を荒っぽくまとめると、

 新人戦から最高学年は5年生。自覚を持ちチームを引っ張って欲しい。ということ。
 そうか5年生か。管理人の5年生のときって、どうだったかな。恥ずかしい思い出ばかり。あまりエラソなこと言えないな。。
 特に通知箋(つうちせんって北海道弁だったのね)は、親としての沽券に係わる問題に発展しそうなので早めに処分せねば。

 でも、そろそろ難しい思いや考えで意思をまとめることができる年頃。
 高望みだろか。。
IMG_3084.jpg

 イヤイヤ、んなこたね。
 君たちならもうできると信じているよ!

 けっぱれ。

炭酸割り。

2017/07/28

 昨日は管理人が勝手に応援している地元野球チームのハイボール軍団と試合でした。
 ぐぇ、あのチームか強くていやだなと、最初思いましたが考えてみれば管理人が小さな目標としている、子どもの卒団までの2シーズン半、残り少ない野球の試合でこれだけの強豪と試合する機会、貴重だね。


 20代とおぼしき選手も多く、40代が結構在席する私たちLチーム、どこまで食い下がれるか。
 おお、燃えてきた。

 序盤はとても緊迫した試合展開で、1対1で少し膠着状態。
 お! おじさん軍団もやるでないかと思ってましたが体力・自力差はやはりあり、管理人のタイムリーエラーでほぼジ・エンド。
201707282059246dc.jpg

 結局負けてしまいました。

 疲労感たっぷりですが、どこかさわやか。なにより、倍近い年齢の離れた高校野球経験者と同じグラウンドで真剣勝負を私の年齢になってもできる、させてもらえているこの環境、チームに感謝です。

 ほんとですよ。
 負け惜しみではないんだから。
20170728205927a5d.jpg

 いや、やっぱり負けると悔しいな。
 次もやりたいと思う。特にあの速いピッチャー、なんとか打ってみたい。打席に立ちたい。

 この悔しさは、相手チームの名前が冠されているハイボールを飲み尽くすということで解消することにしましょ。
 
 30番!
 次は負げねーど(笑)! 
20170728205929073.jpg

 今週末は、早くも新人戦、太陽杯なのだ。
 気の早い話だけれども、新人戦の訪れは5年生の卒団に向けたカウントダウンが開始なのですよ。
201707282059153e6.jpg

 あわわわ。一人少林寺からの刺客がまぎれてねぇーか?
 野球坊主撲滅委員会会長ではありますが、彼の気合を感じてしまいました。
 俺の負けだ。

 ぎんばりまっしょ!

贈り物。

2017/07/25


 その次の日曜日は、道新旗支部予選でした。
 早くも先輩の背中を追うコーハイ。

 前日の猛暑の中試合した子どもたちですが、さすが内陸の子ども、暑さには強いのかな。ダウンする団員がゼロ、というのもすごいな。まあ一部だらけてはいましたが。でも、あの暑さ、しょうがないなぁ。

 お、手前の新人! 体柔らかいでないか。
 カッチカチのセンパイに見せてやれ。
IMG_2408.jpg
IMG_2409.jpg

 さて、この試合は全道大会につながる予選としては、6年生であるハルカはある意味最後のチャレンジ。
 もっとハルカと試合がしたいぞ。
IMG_2422.jpg

 戦いを前にして、みんないい表情。
 どや。
IMG_2447.jpg

 気合の入った円陣。
 いいね。
IMG_2470.jpg

 いつまでも見ていたい背中。
IMG_2474.jpg
IMG_2478.jpg

 いつの間にか、中心選手。頼りになるなぁ。
 何より、グラウンドの姿が絵になる。これは、野球が上手になった証拠。少年(女)野球は、それで大体の実力がわかる。
 かっこだけいい。というやつは何故か少ないな。
IMG_2485.jpg

 どですか。
IMG_2516.jpg


 試合は初めて「貸し」のある相手でした。追われる立場といえば偉そうですが、1つ負ければ次は絶対勝ちたいというのが素直な心情でしょうから、その気合いをまるごと受け留め、勝つというのは大変パワーのいることだよね。
IMG_2528.jpg

 さて、試合は先制を許し苦しい展開となりましたが、中盤、守備のリズムが良くなり、反撃の流れが。
IMG_2556.jpg

 ナイスなコーチャー。
 とても重要なポジション。
IMG_2566.jpg

 だけれども、拙攻もあったりで、流れを掴みきれず勝利の魚群はどこかへ去っちゃった。
 この試合は特別な意味がありました。

 勝って、ハルカとまだまだ野球がしたいよ。

 結果は10対5で敗戦。
IMG_2578.jpg

 最後まであきらめなかった。
 最後までハルカは泣かなかった。
IMG_2589.jpg

 最後のバッターがアウトになるまで、勝とうとしていた
IMG_2494.jpg

 でも、試合終了。

 ハルカは泣いていた。失敗した子はそれを悔いて、ハルカと勝ちたかったと泣いていた。キャプテンも。みんな。コーチもみーんな。
IMG_2595.jpg

 この日、采配したのはワタルコーチ。
 「今までの敗戦と違い、子どもの心に響いたと思います。」と言ってくれた。
 
 ハルカから貰った大きなプレゼントだね。管理人はそう考えていますよ。

 ありがと。