約束の場所へ。

2019/02/07
 いいタイトルじゃないですか。

 うちの専属コピーライターのアイデアで、今年のキャッチフレーズ決まりましたよ。

 例年遅れがちな今シーズンの目標ですが、ようやくまとまりましたので、ようやくお披露目と相成りましたのよ。
 「遅きに失する」という慣用句もありますが、ここは自分に甘めに「思い立ったが吉日」でいこう。



 そう、大事なのは今からやることで明日からやるのではないことですね。
 管理人もさんざんそう教わってきたのですけれど、実際は「ま、明日でいっかー」をよくやりますよ。

 で、結局のところ明日の自分を苦しめるという、何回も繰り返すループ、まるで二日酔いのようです。

 ところで慣用句って言葉、子どもの勉強をみて改めて学び直したので早速使いますよ。
 慣用句とことわざの違いが分かるようになれば国語の点数もアップ間違いなし。

 みんなは、とーさんかーさんに聞いて困らせてあげよう。

H31-002.jpg

 さて、今シーズンの目標です。

 突貫工事で作成したのでかなり荒い仕上がりで、手作り感満載ですが、そこは愛情を感じてもらえると管理人嬉しいです。。
 目標の全てを紹介できれば良いのですが、筆力の都合上、今回も管理人が気になった目標をピックアップ、です。

 ケータ
 イッサ先輩のようなキャッチャーになりたい!
 
 … ついに、こういう後輩が出てきたか。憧れの先輩であり続けてください。
 
 監督からは「そんな大振りいらん!」って注意されているけれど、
 管理人、あーゆーバットの振り方はできんかったなあ。
 あそこまで振られるとそんじょそこらのサードはビビっちゃうだろーなー。

 そーゆーバッターに成長しましたのよ。

H31-004.jpg


 イオリ 
 少年団に入る!
 
 昨年君のアンちゃんは、早く5年生になりたい!という目標(?)をぶち上げましたが、やはり兄妹、血は争えないですね。
 独特の視点から切れ込む目標です。

 そこかー、でも切り口が大人では絶対ないところがオモロいです。
 早く少年団員になりたーい。ですね。


 ところで、今シーズンのキャッチについてだけど、うちの糸井重里はかなり悩んだ結果、このフレーズをある有名な曲からいただくこととしました。

 目標 = 自分との約束 = 昨年の悔しさ = 忘れ物を取りに
 みたいな想いを込めて。
 
 下積みが長かったから今年は…ね。みたいなことを言っていただくことがありますが、子どもたちって下積みとは思ってないのかもな、なんて感じます。

H31-003.jpg

 3年生だろうと、4年生だろうと、5年生だろうと、6年生だろうとグラウンドに立つ以上学年は関係ない、とコテンパンにされる中で学んできました。

 管理人は親の欲目でこう考えています。

 君たちが負けを受け入れられたから憧れの全道大会に行けた。
 言い訳なしで正々堂々と勝ち負けにこだわる。
 だから気持ちがいいのではないだろうか。
 
 
 何度も言うけれど、学校生活で得るものも大きいですが地域密着の手作りチームでの経験は、想い出としてもこれから生きていく力としても宝物になるでしょう。

 そして、親も。

妄想。

2019/01/19

 先日は、いつもお世話になっている地元スポーツ協会様の主催で小学生を対象とした体力ストを受けてきました。

 いつも自分自身の小学生のときのことを思い出して振り返るのですが管理人はこういうの苦手だったんだよなあ。
 もー本っ当に嫌いで運動会とこういった体力テスト「大嫌い」と言ってもいいぐらい。。。







 キャップが仕切りアップ開始。
 指導陣は子どもに任せるという指導(何気にすごいことです)。
IMG_9937.jpg

 そんな気持ちなもんだからノリノリで同行したわけではないのですが、結論から言うと「えがった(良かった)。」という感想です。
 当たり前だけど、自分がテストを受けるわけではないのだから、自分が嫌いだからどうとか関係ないわけで。







 昨年の歌志内合宿で強いチームはこんなだったな。
IMG_9957.jpg

 さて、多くの団員が参加したこのテストの結果は、突出して良い結果を出した、いわゆる「スーパー小学生」は居ませんでしたが、平均を少し上回ってたような印象です。






 じゃん。
IMG_0002.jpg
 じゃん。
 おとっつあんも参加(若干重力に負けてるのがかわいい)。
IMG_0023.jpg
 どすん。
IMG_0012.jpg

 日本スポーツ協会のHPにアップされている小学生の平均値 
 
 むむ。むむむ。
 平均値が思ったより高い!

 よくとれば、これは全国のスポ小の猛者達が標本の大半を占めるその平均値という希望的観測を加味(甘味)し、うちの甘えんボーンズも、まあ、やるじゃないかということにして、ね。

  と、あくまでも前向きにとらえることとしましょう。







 好きな表情。
IMG_0050.jpg
 腹筋(正しくは上体起こし)。
IMG_0032.jpg
 上体起こし。
IMG_0027.jpg

 でも、5分間走、1,083mが平均とは、立ち幅跳び167㎝とは、日本の子どもの運動能力が低下しているとか聞くけれど、どうしてどうして、なかなかやるじゃないですか。

 5分間走は屋体で大勢がやるし、やっぱりボンズ達もやる方だと思いたい。
 それとも、それは甘いのか、欲目ってやつかな。
 
 親バカとしては、少しでも良い方向で考えたくなるものです。







 プッシュアップはコーキが一番。
 非力なイメージがあるけど腕力あるのね。
IMG_0084.jpg
 レッツシェイプ。
IMG_0071.jpg

 閑話休題。

 何回も言うけど、プレゴールデンエイジから野球を通じて運動にいそしんでいるので、団員はまんべんなく運動神経が発達してきているようです。
 風の日も雨の日も雪の日も指導をいただいている、監督、コーチ及び脇を固める見守りとーさんやかーさんには感謝、なのです。







 時間 往復走 。
 俺のカノンも…ね。
IMG_0139.jpg
 んー。モテそう。
IMG_0144.jpg
 一生懸命、一所懸命。
IMG_0149.jpg
 サワやかだなあ。
IMG_0161.jpg
 とーちゃんも観てるよ!
IMG_0176.jpg
 やっぱり勝ちに行ってるな。この男。
IMG_0188.jpg

 野球をやらずに生活していても通常の成長はしていくものだろうけれど、丈夫な体や心はやはり学校生活だけでは手に入らない宝物を手にしたことになるのでしょう。

 話は飛躍するけど、官公庁のトップである○○省とか、日本のいわゆるエリートの方々の仕事は、聞くところによるとものすごい身体的にも精神的にも激務らしくって、結局のところその資質として問われるのは「タフ」であることなんですって。








 5分間走を前に、なぜだか急に円陣。
 チームって素敵。
IMG_0207.jpg

 イマドキの働き方改革と真逆の話だけれども、頭脳明晰で一流企業や昔でいう高級官僚になるとしても、最終的に自身を守り、モノをいうのはタフな体と心となるのでしょう。
 いわゆるエリートという人たちにしても、管理人のような普通の人にしても健全な心身というのは、ものすごい財産なわけですね。

 野球のカリスマ的ブログ「年中夢球」さんではこう言ってますね。
「野球でメシを食えないかもしれないが、野球をやっていたことで飯は食えるかもしれない。」

 年中夢球さんのURL↓
 野球で飯は食えないかもしれないが・







 可愛く撮れた。
IMG_0248.jpg

 精神的に追い詰めてまで働く必要はないけれど、みんなは「生きていく力」を少年団を通じて身に着けているところなんだろーなー。

 もし、このブログをこのうちの誰かが読むときがきたなら、その子はどんな青年になっているのかな。







 この子や。
IMG_0282.jpg
 この子も。
IMG_0289.jpg

 妄想が止まらないが、将来永田町の部屋持ちかなんかになって、おのぼりおじさんに「オジさん、それ、ボクに任せてよ。」なんて、肩をポンと叩いて管理人を泣かせて欲しい。

バランス。

2019/01/12


 冬休みと言えば、クリスマス、大みそか、お正月、とんもう考えるだけで楽しくなってしまう行事が盛りだくさんですね。







 神頼み、ではありません。今年の誓いを地元のカミサマに申す。ということですね。
20190112105434e42.jpg
 学童野球にいそしむみんなにとって、冬の過ごし方が大事、と言いつつも子どもなんだから楽しく遊ぶことも大事なのですよ。

 前も書きましたが、勉強、スポーツ、遊び、友達などのバランスの良い状態が、結果的に野球の上達への近道なのだと、なにかの読み物で見かけて、妙に納得したのを覚えています。






 粛々と。
20190112203326775.jpg
 血マメできるぐらい素振りをすれば上達するかっていうとそうではなく、
特に小学生の場合は心と体の大事な成長期であるから、心のバランスを崩すぐらい野球に打ち込むのは良いことではないでしょうね。





 さあ、今年はどんな年になるのか。
201901121054371ca.jpg
 また、ゲームばかりして、勉強もスポーツもしないというのはどう考えても不健康。

 だけども、ゲームは子どもにとって大切なコミュニケーションツールでもあるから、そちらも昔の頑固オヤジみたいに、
「そんなもんせんでもよか!」とは言えないもんなあ。

 どういう状態がバランスの良い状態なのだろか。









 急に写真の趣(おもむき)が変わるけど。。
 卒団前に全員集合した写真。いーでしょー。
IMG_8288.jpg
 うちの子の場合は、うつ向かないで気持ち良く生活できているかどうかが一応指標というところかな。

 他のみんなはどんな状態をベスト!と、とーさんかーさんは感じるんだろか。

 親から離れる準備期間みたいな小学生高学年だから、少しずつ自分で何とかできるようになっていくのだろうかな。









 人生のセンパイに聞いてみるか。
IMG_8318.jpg

 あ!そうか!

 反抗期って、子どもから大人への階段を昇るときに、親離れするため、子どもがバランスを崩さないようにカミサマが計らったものなのかも。

 そうかそうか。
 いつでもきんしゃい。

 
 ・・・というのは、嘘です。








 とーさんかーさんも入ると更にいーでしょー。
IMG_8311.jpg

 男の子の反抗期は「うりゃあ!」で済みそうだけども、女の子の反抗期はこちらの心のバランスが乱れそうです。


 カミサマ。

 どうか私にも「第2反抗期」以外のバランサーを授けてください。。。

外付けハードディスク。

2018/12/25

 先日の練習で久々に会ったフクちゃんコーチ(コーチとなってくれればこの上なく嬉しいので、あくまでも希望的にコーチと呼ばせていただきます)。
 そのコーチからの言葉が子どもには響いている様子でした。

 写真は、うちの子の外付けハードディスクです。
 もし、心に残ったことがあればとりあえずメモしてみたら?と言ったら、楽しそうに書いていました。





 偶然良さげな写真も撮れたりする。
IMG_9918.jpg
 フクちゃんコーチの年齢を聞けば、ワタルコーチよりも若く、より子どもに近い年齢です。
 長男が多い我がチームの甘えんボーンズにとって欲しくてたまらなかった「カッチョええ兄(アン)ちゃん」なんでしょうねー。

 こうなると、父の役割はまた別のステージに昇華するのでしょう。





 ソーマの送球。
IMG_9894.jpg
 また、子どもにとってはこれからが社会と接点をもって、色々なアドバイスに耳を傾け自分で考えて成長していく「男」に徐々になってゆくんだろうなぁ。と、やはり成長のヨロコビに親バカは浸るわけですね。

 この時期のこどもの吸収力は乾いたスポンジのようですから、精いっぱいいろいろなことを学んでほしいなあ。






 顔がオトナびてきてね。
IMG_9889.jpg
 みんなは、ゴールデンエイジと言われる大事な今、監督やコーチから指導を受け体を動かしたこと、これは野球という一つのスポーツのためだけではなく、これから何かにチャレンジするときにきっと君たちを助けてくれる財産になっているはず。






 これ、わかるかな。ナイスキャッチの瞬間。
 監督も「よーし!」と思わず声。
IMG_9871.jpg
 ところで、ゴールデンエイジと言っても2期に分かれるそうです。

 1 プレゴールデンエイジ(5歳から9歳)年長から小学校3年生。
   神経系の発達=子どもの神経は5、6歳までに急激に発達し、オトナの80%
  までに達する。 12歳では神経系はほぼ100%に達する。
   だから9歳までは色々な運動をさせるべき。ふむふむ。

 2 ゴールデンエイジ(10歳から12歳)小学校4年から6年生。
   即座の習得=見よう見まねですぐできてしまうこと。
   初めてチャレンジする動作でも手本を見ただけでできてしまうことがある。
   大人は理性と理屈をもって動きを習得するしかない(そのとーりだわ)。






 プレ、ですね。①
IMG_9702.jpg
 で、この時期に習得した動作(技術)は大人になっても落ちないという特徴があると。ほー。まさに5年生はそんな時期なんでしょう。
 科学的根拠は別として、子どもの時から体を動かすことは将来において良い。というのは間違いないですね。







 プレ、ですね。②
IMG_9691.jpg
 プレ、ですね。③
IMG_9687.jpg
 みんなはそんな時期に熱意ある監督やコーチに、スポーツを教わったこと、これはきっとずっと先になるとは思うけど感謝するんだろうな。

 いや、本人より前に親として管理人はとにかく感謝しています。







 オヤジの背中。
IMG_9577.jpg
 では、昔の子どもはどうしていたのか。ということになりますが、管理人の子どものころはギリ野山で遊ぶ子どもが多かったので、意識せずとも色々な運動動作を遊びの中でしていたんだそうな。

 いかにも昭和の理論ですが、否定はできないなあ。






 弟の練習を自習して待つ俺のハルカ。
 君たち見習えよな。
IMG_9336.jpg
 て、ことはよく外で遊ぶ子は必然的に運動神経が発達するということですね。

 冬です。雪です。一緒に地元ロックバレースキー場にに行きませんか。
 えんがるロックバレースキー場HP
 ↓ 
 http://www.rockvalley.jp/
 
 長い前振りでしたが、これ。
 地元CM






 追伸。
2018122520463065e.jpg
 
 25日の朝、起きたらハーレーが靴下に入ってました。
 サンタはやっぱり本当にいるなあ。

クリスマス。

2018/12/16


 今欲しいものは何ですか。と聞かれたら即答で「ハーレー」と言っちゃいます。
 クリスマス近いからあくまでも夢ですけれど。






 最近熱の入ってきたヤングジャガーの面々。
IMG_9010.jpg

 なんでこんな話をするかというと、なんで自分はバイクを好きになったのかなぁと最近回顧したのですよ。





 ガチ。の二人。
IMG_9071.jpg

 特にこだわりはなかったのですが、クリスマスが近くなるとこのブログに自分が子どもの年のころ、何をクリスマスプレゼントで欲しかったかな、ということで数度掲載していたのですよ。

 だから今年もなー。と思っていたわけで。。。





 雪下の和寒キャベツのようにー。
IMG_9095.jpg

 さて、書いちゃろー。と、思ったのですが、自分が11、12歳のころ欲しかった「おもちゃ」の記憶があまりないのですよ。
 
 で、思い起こせば、ガンプラ→車のプラモデル→バイクのプラモデルと興味が変わっていった時期だったなぁ。
 そして、バイクのプラモデルを作っているうちに本物に乗りたい! 
 となり、バイクの免許を車の免許より先に取るという、どう考えても無駄なコースを辿ったのですよ。
 ※もう一つの重要なアイテム「ファミコン」については、後日、また。






 仲間で切磋琢磨。
IMG_9412.jpg
 ホリコーチのバッティング指導。
 ※とにかく自分で考えることが大事!とのこと。
IMG_9477.jpg






 その成果やいかに?
IMG_9526.jpg

 一番最初に作ったバイクは確かVT250Fという、マニアックに言えばRZとかNSRといった2ストローク全盛の時代に、高回転4ストロークという新たなジャンルをバイク界に投じた…と一部バイク乗りおじさんには「そーねー」と言われそうな話ですが、とにかく、よくわからなかったけど何となく選んだのもです。






 いわゆるブリーフィング①(監督編)
IMG_9143.jpg

 いわゆるブリーフィング②(阿部ちゃんコーチ編)
IMG_9149.jpg
 【和製英語メモ】
 ブリーフィングとは。
 軍事用語として 「ブリーフィング」は派生してます。
 スポーツチームなど打ち合わせに行われることが多いです。 軍事用語として使われていた歴史も長く、チーム全体が分かりやすい打ち合わせを短時間で行うことを意味します。







 筋トレのあと。
IMG_9348.jpg
 パンチ力アップの秘策。
IMG_9782.jpg

 初めて作るバイクのプラモデルは、ものすごく難しく、でも楽しくって初めて徹夜をしたのをよっく覚えています。

 で、その結果、管理人少年(青年)はフォンフォンいうバイクに乗って、缶コーヒーとタバコが大好きな勘違い野郎になっていくのですよ。






子弟①
IMG_9617.jpg
子弟②
IMG_9623.jpg

 思い出したら恥ずかしい。
 でも、楽しい。

 いつもの前置きがとても長くなりましたが、そんな理由からこのころ欲しかったおもちゃの記憶がないのですよ。





 フクちゃんピッチングコーチ誕生なるか・・・?
IMG_9646.jpg
 低く低く!お手伝いとーさんコーチの指示が飛ぶ。
IMG_9740.jpg

 だから気付いちゃったのです。
 我が子は、少年になりつつあるかなあと。

 そう言えば、深夜ラジオに興味を持って夜更かしの楽しさを覚えたのもこの時期だし、ちょっと悪いことをする後ろめたさと楽しさを知ったのもこの時期だったのかも。






 いつもありがとうございます!
IMG_9817.jpg

 また、何にでもなれるから、このままではなれないかもと、少しづつ現実を理解していく、そんな年頃なんですわね。
 だもん、ややこしいリクエストをしてくるわけだわ。
 親に代わって頑張ってくださいサンタさん。





 フクちゃんコーチ訓示!
IMG_9841.jpg

 みんなは、何をサンタに願ったのかな。

 毎年野球用品がクリスマスプレゼントという、ガチガチの硬派もいますが、24日の朝が楽しみだねー。





 充実の週末でしたね。
IMG_9851.jpg







 靴下の中にバイクが入っていればいーなー。
fullsize_image.jpg

 未来からの刺客ロボはいらないけどね。